外壁塗装

外壁塗装の目的は見た目の美しさを保つことだけではありません。最も重要な役割は住宅の「保護」です。

表向きは綺麗な外壁に見えても、防水性がなくなっていたり、見えない部分が劣化していたりする場合があります。また、劣化が進むと雨漏りの原因につながります。実際の被害が出ないうちに塗装する必要があります。10年に1度を目安に外壁塗装を行いましょう。

外壁の種類にはモルタル外壁とサイディングの外壁があります。

一般的に、新築時から7年~10年が経過すると外壁に汚れや劣化が出始めます。そのタイミングに外壁塗装を施すことで、サビやシミ、カビ、コケ、ヒビ割れ、歪み、紫外線、雨や雪、湿気といったダメージを防ぎます。また、外壁塗装をすることにより塗膜(塗料の膜)で防水し、外壁の寿命を伸ばすことができます。


■外壁塗装の手順

はじめに高圧洗浄により外壁の汚れを綺麗にするところから行います。続いて、シーラーと呼ばれる材料で下塗りを行います。これにより、塗料が壁に密着しやすい状態にします。その後、塗料を均一な薄さで2回塗りしていきます。これらの行程を2人か3人の職人で、2週間ほどかけて行います。