業務内容

PG技研では一般住宅の屋根塗装や外壁塗装、軒天塗装、雨樋取付工事など様々なサービスを提供しております。


屋根塗装

屋根塗装

外壁塗装

外壁塗装

サイディング・タイル調 サイディング・吹付

サイディング

雨どい工事

雨どい工事

屋根塗装

雨や風、雪、強烈な太陽光、紫外線などから住宅を守る屋根。
その塗装に使われるペンキは、屋根の役割を果たすための重要なポイントです。
しかしながら、屋根の塗装もいずれは劣化していきます。


塗料の艶がなくなり、塗装面が白っぽくなってきたら劣化が始まっている証拠。さらに、雑草やコケ、カビが生え始めたり、屋根が赤、あるいは黒っぽくなってきたりしたら、耐久性がどんどん低下している状況なので、いよいよ塗り替えの時期です。

ここで塗り替えをせずに放置してしまうと、耐久性がますます低下して塗料が剥がれてきます。さらに防水機能がなくなってこれば、サビや雨漏りがいつ起こってもおかしくない状況です。

お家の劣化を防ぎ、また将来の修繕コストを軽減するためにも、劣化の兆候が見えた段階で、早めの対策が重要になってきます。

屋根の塗装は5年に1度のペースで行うのが理想です。しかし、ご自身で屋根の状況をチェックするのは大変危険です。時期が来たと感じたら、外装リフォームのプロである弊社に、ぜひご相談ください。


屋根塗装の手順

屋根塗装は、まず、既存の古い塗料を剥がす下地処置からはじまります。処理後は、高圧洗浄機で長年蓄積されてきた汚れをきれいに洗い流し、新しい塗料を塗りやすくするのですが、屋根の状態によっては、新しい塗料を塗る前にサビ止めを塗ることがあります。

屋根塗装には、耐久性が高く、コストパフォーマンスに優れているシリコン塗料を主に使います。作業は2~3人の職人で行い、1週間ほどで終了します。


外壁塗装

外壁塗装の目的は、見た目の美しさを保つことと思われがちですが、最も重要な役割は住宅の「保護」です。

表向きは綺麗な外壁に見えても、実は、経年により防水性が損なっていたり、見えない部分が劣化していたりするもの。

劣化が進むと雨漏りなどの大きなトラブルの原因につながることもあります。

劣化のリスクから家を守り、寿命を延ばすことも外壁塗装の大きな役目なのです。

一般的に、新築時から7年~10年が経過すると外壁に汚れや劣化が出始めます。そのタイミングに外壁塗装を施すことで、サビやシミ、カビ、コケ、ヒビ割れ、歪み、紫外線、雨や雪、湿気といった、様々な外的要因からのダメージを防ぎます。また、塗膜(塗料の膜)によって防水性が向上し、結果的に外壁の寿命をのばすメリットもあります。

見た目に劣化が分からなくても、最低、10年に1度は外壁塗装をされることをおすすめします。


■外壁塗装の手順

はじめに高圧洗浄により外壁の汚れを綺麗にするところから作業がスタートします。続いて、シーラーと呼ばれる材料の下塗りを行い、塗料が壁に密着しやすい状態にします。下塗りが終わると、次は上塗りへ。塗料を均一な薄さで丁寧に2回塗りしていきます。これらの行程を2~3人の職人で、2週間ほどかけて行います。

施工について

■ おすすめの塗装スパン

屋根、外壁は新築から10年、その後、屋根は5年、外壁は10年に一度塗装の塗装をおすすめしております。


■ 塗装期間

一般的な2階建て住宅で、外壁塗装は2週間程度、屋根塗装は1週間程度で仕上がります。


取り扱い塗料

■ 日本ペイント株式会社

〒140-8677

東京都品川区南品川4-7-16

 詳しくはこちら ≫